【前編】Raydiumとは?使い方・口座開設方法・Solanaを徹底解説

DeFiプロジェクト

Raydiumとは?Solana上に構築されたAMMのDEX

Solanaブロックチェーンを活用したRaydiumは高速、低手数料を特徴とした分散型取引所(DEX)です。既存のEthereumのトランザクションが秒間15件〜25件ほどなのに対して、Solanaは秒間50000件という驚異的なスピードを誇ります。また取引手数料も現状1円以下という安さです。

既存のDeFiで課題とされてきたトランザクションスピードと手数料の問題を解決することでユーザーに使いやすく、従来よりも多機能な取引体験を提供することを目的としています。

またRaydiumはUniswapのようなAMMだけでなく、オーダーブック型分散型取引所Serumと連携しています。従来はUniswapやSushiswapで同じETH/USDTの流動性プールがあっても、それらは分断されていました。しかしRaydiumはSerumと提携することで、各プールの流動性がオーダーブックに反映されて、より効率的な取引が可能にしています。

【2021/09/19:追記】Raydiumの$RAYとは何か?

Raydiumは将来的にはガバナンストークンになる可能性がありますが、現状はファーミング報酬としてや、単体でステーキングすることで限定のイベントに参加することができます。直近3ヶ月で4倍ほどの値上がりを見せました。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/raydium/

注目の理由として、RaydiumはSolana経済圏の主要DEXの一つであることが挙げられます。9月9日のCoinGeckoのランキングではPancakeSwapやSushiSwapを抑えてRaydiumが2位に躍り出ました。

$RAYは下記の3つの取引所で購入可能です。

  1. Binance
  2. FTX
  3. gate.io

Raydiumのはじめ方【前編】

ここからRaydiumで流動性供給やファーミングを行い、APY200%前後を獲得する方法を説明します。

ただし手順が多く複雑なところもあるので、この記事では最初に必要な3つの準備を行います。

  1. FTXの口座を開設する
  2. Sollet(Solanaのウォレット)を作る
  3. RaydiumにSolletを接続する
  4. FTXでSOLを購入、Solletに送金
  5. Raydiumに入り、SOLをRAYに交換
  6. SOLとRAYで流動性供給
  7. 手に入ったLPトークンでファーミング
  8. ファーミングで獲得したRAYをステーキング

【後編はこちら】Raydiumとは?流動性供給・ファーミング・ステーキングを徹底解説

1. FTXの口座を開設する

FTXは2019年4月にローンチしたデリバティブ取引所です。BTC/XRP/EOS/ETHなど主要な暗号通貨の先物や、アルトコインインデックス先物などを扱っています。

FTXの口座開設は簡単です。

公式サイトに入り、Registerをクリック

公式サイト公式TwitterCoinMarketCapから入ります。登録した際に、FTXのサイトをブックマークしておきましょう。これはウォレットやDEXでも同様です。

Signupを選択アドレスとパスワード

Signupを選択して、下記の画面でアドレスとパスワードを入力します。

登録が終わると、2段階認証を推奨する画面が出てきます。安全のためにしっかりと2段階認証をします。

その後、国内仮想通貨取引所からBTCなどを送金しておきます。

2. Sollet(SOLANAのウォレット)を作る

SolanaではMetaMaskが使えないので、専用のウォレットを作成します。

ここは少し手続きが多くなります。サイトが英語だけで、ウォレット作成ページが探しづらいのですが、しっかりと説明しますのでご安心ください。

2021年9月12日追記:
執筆時点ではSolletしか選択肢がありませんでしたが、今では複数のウォレットの選択肢があります。パソコンを利用している方にはPhantomウォレットスマホからの場合はSafePalウォレットがおすすめです。

Solanaに必須なPhantom Wallet拡張機能をご紹介
【SafePal Wallet】使い方・エアドロップの受けとり方などを徹底解説!

公式サイトに入り、「START BUILDING」をクリック

公式サイトに入り、画面左側の「START BUILDING」をクリックします。

Manage a walletをクリック

「web wallet」をクリック

「Manage a wallet」をクリックすると、下記の文章が出てきます。英語ですが、内容を確認しておきましょう。

文章下部の「Supported Wallets」という文章の中にある「web wallet」をクリックします。

「sollet.io」をクリック

「web wallet」をクリックすると、下記の画面になるので、「sollet.io」をクリックします。

24のSeed(キーフレーズ)をメモ/パスワードを設定

開くと、24のSeed(キーフレーズ)が表示されるのでメモします。

紙にメモするなどしてなくさないようにしてください。なくしてしまうと、万が一の時にご自身の資産を取り戻せない可能性があります。

さらにパスワードを任意で設定します

これでウォレットの作成が完了しました。お疲れさまです。

次にウォレットをRaydiumに接続します。

3. Raydiumにsolletウォレット接続

公式サイトに入り、Launch APPをクリック

Raydiumの公式サイトも公式Twitterなどから探すようにしましょう。決して検索して一番上に出てきたものを、毎回選ばないでください。

Connect WalletでSolletを選択

【2021/09/19:追記】
現状ではパソコンだとPhantom、スマホだとSafePalがおすすめです。

ウォレットを接続します

別ウィンドウでSolletが立ち上がります。これはメタマスクと同様ですね。

パスワードを入力して、「UNLOCK」をクリックして接続完了です。

お疲れ様さまでした。FTX、Sollet、Raydiumの準備が完了しました。

後編では下記の手続きを行い、流動性供給やファーミングで報酬を獲得するステップを見ていきます。

  1. FTXの口座を開設する
  2. Sollet(Solanaのウォレット)を作る
  3. RaydiumにSolletを接続する
  4. FTXでSOLを購入、Solletに送金
  5. Raydiumに入り、SOLをRAYに交換
  6. SOLとRAYで流動性供給
  7. 手に入ったLPトークンでファーミング
  8. ファーミングで獲得したRAYをステーキング

【後編はこちら】Raydiumとは?流動性供給・ファーミング・ステーキングを徹底解説