【Solana】RaydiumのIDOに参加する方法とは?

分散型取引所/DEX

先日Solanaブロックチェーン上の分散型取引所Raydiumが、IDOを実施すると発表しました。

Solanaブロックチェーンは秒間50000件の処理が可能で、取引手数料は1円以下という特徴を持ちます。RaydiumはSolana上の分散型取引所でUniswapなどと同様にAMMを採用しています。オーダーブック型のSerumと連携し、効率的な取引が可能です。

Solanaブロックチェーン上で動作するRaydiumはEthereum上のDEXの課題とされてきたスピードや手数料の問題を解決するとして注目を集めています。

そのRaydiumが今回IDOを行うと発表しました。

この記事では

  • IDOとは何か
  • RaydiumのIDOとは?
  • RaydiumのIDOに参加するには?

などについて開設します。

ぜひ最後までご覧ください。

そもそもIDOとは?BinanceDEXで話題に

DO(Initial DEX Offering)は分散型取引所(DEX)で行われる仮想通貨のトークンセールです。史上初のIDOは、Binance DEXによって開催されました。

IDOはICOやIEOとどのように違うのでしょうか?

ICO(Initial Coin Offering)は2017年に流行。誰もが資金調達できるという良さがあった反面、監査などがなく詐欺プロジェクトも乱立し問題になりました。

IEO(Initial Exchange Offering)は中央集権型の仮想通貨取引所がお墨付きを与えた資金調達です。2018年ごろに話題になり、ICOよりも安全性が上がりました。というのも、取引所は信用を損なうようなプロジェクトはIEOさせないはずだからです。

ただしIEOにはいくつかの問題もありました。

  • 取引所へ多額の費用を支払う必要性
  • 競合取引所へのトークンの上場が禁止される

などです。

Raydium IDOとは

Raydiumの公式MediumでAcceleRaytorの開始が発表されました。AcceleRaytorは新しいプロジェクトが資金調達、認知向上、IDOをワンストップでできるようにする仕組みです。今回は新たなプールが2つ登場します。

1) コミュニティプール:参加や資格はプロジェクトの要件によって異なります。目的は、Raydiumを使用したことがあるかどうかに関わらず、エコシステムをオープンにすることです。

2) RAYプール:RaydiumプラットフォームでRAYトークンをステーキングしているユーザーに開放されます。参加資格を得るためには、参加者はRaydium上のRAYステークスプールに最低数のRAYをステークしている必要があります。

RAYプールに最低20枚のRAYをステーキングする必要があるそうです。また必要枚数は将来的に変更される可能性があります。

対象となる参加者へのトークンの割り当ては、プロジェクトごとに調整されます。主な配分モデルは以下の2つです。

1)比例配分保証モデル:募集期間内に資金を提供した参加者全員が、提供した資金の総額に対する割合に応じた配分を受けられます。

2)先着順モデル:プールの資金総額が上限に達するまで、すべての参加者が資金を提供可能。ほとんどのプールでは、参加者1人あたりの配分上限が設定されています。

AcceleRaytorの最初のローンチに関する発表は近日中に行われる予定です。まだ最初のプロジェクトの詳細は出ていませんが、少なくとも参加するには20RAYをRaydiumにステーキングしておく必要があるのは確かなようです。

ここからはRaydiumにRAYをステーキングする方法をみていきましょう。

RaydiumIDOの参加方法について

主な手順は

  • FTXの口座を開設する
  • Sollet(Solanaのウォレット)を作る
  • FTXでSOL/RAYを購入、Solletに送金
  • RaydiumにSolletを接続
  • RAYをステーキング

と少し手間がかかります。順を追って説明していくので、安心してください。

それでは20RAYをRaydiumにステーキングするまでの手順をみていきましょう。

FTXの口座を開設する

1.公式サイトに入り、Registerをクリック。

2.Signupを選択してアドレスとパスワードを入力し、2段階認証も行いましょう。

その後、国内取引所からBTC等を送金したのちに、最低でも20RAYを購入しましょう。また手数料用に1SOLほど購入しておきます。

次にウォレットを作成します。

Sollet(Solanaのウォレット)を作る

1.下記のリンクをクリックすると、すぐにウォレット作成が始まります。

https://www.sollet.io/

24の単語が出てくるので紙にメモするなどして、絶対になくさないようにしましょう。ご自身の資産をすべて失ってしまう可能性があります。

2.パスワードを任意で設定して、ウォレットの作成が完了です。

次にSolletでRAYを受け取れるようにしておきましょう。初期設定ではSOL専用のアドレスしか表示されていません。

3.Solletの右上の「+」マークをクリックすると、いくつかのトークンが表示されます。その中にRAYがあるので、右側のADDをクリックしましょう。

するとウォレットにSOLとRAYが表示されました。

この両方にFTXからSOLとRAYをそれぞれ送金します。

FTXからSolletにRAY/SOLを送金

1.Solletを開いて、SOLの右端の下矢印を開くと、「RECEIVE」が出てきます。それをクリックするとご自身のアドレスを見ることができます。

2.FTXで「Wallet→SOL→ WITHDRAW」をクリックして、SOLを送金します。

3.同様の手順でRAYのアドレスを開いて、RAYも送金します。

アドレスを間違えると資産を失ってしまうので、必ず送金の実験をしましょう。

RaydiumにSolletを接続

次にRaydiumにSolletを接続します。

1.公式サイトに入り、Launch APPをクリック。

2.Connect WalletでSolletを選択。

3.ウォレットを接続します。

Solletが立ち上がりますので、パスワードを入力して「UNLOCK」をクリックしてください。

RAYをステーキング

最後に重要な20RAYのステーキングを行いましょう。

1.Raydiumの画面上部、Stakingをクリックすると下記の画面になります。

2.Stake RAYをクリックして、数量を選択して、Confirmします。

まとめ

お疲れさまです。これでRaydium初のIDOの条件の1つを満たすことができました。

今後のIDOではステーキングするRAYの枚数が変化するとも言われています。

今後も参加を検討する方であれば、20RAY以上をステーキングしておいてもいいかもしれません。