【スマホでDeFi第2弾】SafePalからPancakeSwapでファーミング

DeFiプロジェクト

前回は【スマホでDeFi第1弾】として、SafePalというスマホアプリを使って、SushiSwapでファーミングする方法までを解説しました。

今回は同じくSafePalを活用して、BSCのPancakeSwapでファーミングをする方法を解説していきます。

SafePalとは?

Safepalは大手取引所Binanceから出資を受けているウォレットです。スマホアプリとハードウェアウォレットを提供しています。

このアプリ1つで取引からスワップ、DeFiへのアクセスも完結できます。加えてBSC、Solanaなどさまざまなチェーンにも対応しているので非常に利便性が高いです。

詳細はこちらをご覧ください↓

【SafePal Wallet】使い方・エアドロップの受けとり方などを徹底解説!

Pancakeswapとは?

PancakeSwapはBSC上のAMMのDEX(分散型取引所)として最も有名なプロジェクトで、CoinMarketCapで全DEXの中でも3位にランクインしているほどです。

また先日はNFTマーケットプレイスとオリジナルNFTを発行することを発表し注目を集めています。

PancakeSwapとは?”使い方”や”流動性供給して利息をもらう方法”を一挙紹介!

PancakeSwapが発表したNFT情報とプロフィール設定方法をご紹介

SafePalからPancakeSwapでファーミング

もともとSafePalはBSC対応だったので、PancakeSwapは非常に使いやすく、簡単にファーミングできました。

今回はUSDT/BUSDペアでファーミングをして$CAKEをもらう方法について解説していきます。

  1. BinanceからSafePalに$BNBを送金
  2. SafePalからPancakeSwapにアクセス
  3. Exchangeで$BNBの一部を$BUSDと$USDTに交換
  4. Liquidityで$BUSD/$USDTペアを流動性供給
  5. Farmで流動性供給の証明を預けて$CAKEを獲得
  6. Poolで$CAKEを預けてさらに増やす

以上の6ステップでご紹介していきます。複雑に見えるかもしれませんが、画像付きで丁寧に解説していくのでご安心ください。

1.BinanceからSafePalに$BNBを送金

SafePalをまだ持っていない方はこちらの記事を参考にして作成してください。

【SafePal Wallet】使い方・エアドロップの受けとり方などを徹底解説!

SafePalのトークン一覧に$BNB(BEP20)があるのでクリックして、「受け取る」を選択しましょう。するとQRコードと、アドレスが表示されるので、このアドレスに入金します。

$BNBは国内取引所では買えずにBinanceで購入可能です。SafePalウォレットからBinanceにもアクセスできるので、そこで購入してしまいましょう。

2.SafePalからPancakeSwapにアクセス

SafePal画面下中央のボタンをクリックするとさまざまなdAppsにアクセスできます。そこでPancakeSwapは一番最初に出てくるので選択します。

3.Exchangeで$BNBの一部を$BUSDと$USDTに交換

アプリに入ると最初からSwap画面に入ります。ここで上に$BNB、下に$BUSDを選択して「Swap」をクリックしましょう。

すると確認画面が出てくるので、内容に問題なければ「Confirm Swap」。

この時に手数料を選択して、パスワードを入力する必要があります。この手続きはかなり頻繁に登場するのでご了承ください。

これで$BNBを$BUSDに交換できました。同様の手続きで$BNBを$USDTに交換していきます。

4.Liquidityで$BUSD/$USDTペアを流動性供給

次にExchangeの横にある「Liquidity」を選択し、「+Add Liquity」をクリックします。

そこで$BUSDと$USDTの両方を同じ数になるように選択し、「Supply」をクリック。

確認画面であなたが受け取るLPトークンの枚数が表示れるので、内容に問題がなければ「Confirm Supply」を選択します。

このLPトークンを預けることで、次に$CAKEをもらいましょう。

5.Farmで流動性供給のLPトークンを預けて$CAKEを獲得

画面下の「Earn」から「Farms」をクリック。検索窓で「USDT」を調べて、USDT/BUSDペアを探し出しましょう。

まずUSDT/BUDTペアのファーミングを有効にする必要があるので、「Enable」。手数料を支払って、パスワードを入れると「Enable」とのところが「Stake LP」へと変化します。

ここでLPトークンの枚数を選択して、「Confirm」をクリックすればファーミングが完了です。$CAKEを手に入れられるようになりました。

この$CAKEはホーム画面の「Harvest(収穫)」で回収することができます。

6.Poolで$CAKEを預けてさらに増やす

最後に画面下の「Earn」から「Pools」をクリック。ここで$CAKEを預けて、さらに$CAKEをもらいます。

$CAKEには「Auto」と「Manual」の2つのモードがあります。「Auto」は獲得した$CAKEを複利で運用してくれるので、こちらがお勧めです。

お疲れさまでした。これでスマホからPancakeSwapのファーミングができました。

次はスマホからRaydiumに挑戦したいと思います。ご期待ください!

【SafePal Wallet】使い方・エアドロップの受けとり方などを徹底解説!

PancakeSwapとは?”使い方”や”流動性供給して利息をもらう方法”を一挙紹介!

PancakeSwapが発表したNFT情報とプロフィール設定方法をご紹介